カムテンショナーの恐怖の巻 ハーレー仙台宮城

更新日:2021年6月10日

テック後藤です


夏の風物詩といえば「花火大会」です


「よっしゃー彼女ができた‼うれしいな‼花火大会で・・・・」


なんて甘い思い出の一つや二つあるものですが


そいつは突然やってくる


「やっぱ、友達にもどろうか・・」


「えーーーー」


そう、別れ話は突然やってきます


「花火大会、キスキス大作戦」は・・・


やっぱ、車持ってる大学生の文学部テニスサークルには勝てないものです




さて、仕事の話ですが


エンジンの故障も突然やってくるものです


特に99年から05のTC88のエンジンは注意が必要です






こちらの車両 FXDL02 カムテンショナー君です









このプラスチックシューがある日突然割れるのです


夏の恋と同じです


突然やってきます


特に走行距離30000㎞を超えている車両は注意が必要です


これが割れるとカム回りやオイルポンプ、タッペット、カムシャフトなど


ズダズダになって「オー‼マイゴット」です





今回はこのキットを組みました


06モデル以降の油圧テンショナーと同じ構造に変更できるパーツです

これによってカムテンショナーのトラブルとはおさらばです



オイルポンプもキットについてきます







カムシャフトベアリングもアップグレードです。ベアリングの数が違います‼








カムシャフトに虫食いが有り変摩耗があったのでこちらも追加交換です









組付けするとこんな感じです



TC88に乗っていてまだ交換されていないオーナー様ご相談お待ちしています

長く乗っていくのにはトラブルは未然に防ぎたいものです

当社はカム回りの特集工具がすべてそろっていますので安心してお任せください


お値段

油圧カムプレート&オイルポンプキット 93000円

ハイカム  44000円

交換工賃 44000円 

税込価格です



突然やってくるカムテンショナーのトラブル


壊れたら〇〇万円くらいかかります


「カムテンショナーは突然に」

「ラブストーリーは突然に」


テック後藤でした



閲覧数:674回0件のコメント

最新記事

すべて表示